素材に拘ったアメリカンデザインハウス

  1. Earth Home -ホーム-
  2. 施工事例
  3. 素材に拘ったアメリカンデザインハウス
チークの床材、レッドシダーの天井、壁は珊瑚の塗壁と素材に拘りました。
塗壁は調湿や消臭効果があり、いつも快適に過ごす事ができます。
ハンターのシーリングファンは部屋のアクセントになり、アメリカンな空間をより一層引き立てます。

仕様表

K様邸でのこだわりのポイント
夫婦2人に子ども2人の4人家族。収納たっぷり家事の動線を考え、見た目と機能性を両立した家づくり。真っ白な左官塗りで温かみのある外観。シンボルツリーにココスヤシがポイントです。お二人の趣味のBBQができるようにウッドデッキも取り付け。
プランニングでのポイント
ご主人はカリフォルニアの西海岸風にしたい。奥様はブルックリンのカフェ風にしたい。お二人のお好みのテイストをミックスした家にしました。見た目を損なわずに機能性も充実させました。
仕様・設備へのこだわりのポイント
月々の光熱費を極力抑えられるように断熱材、サッシに拘り、太陽光も載せました。玄関にはシューズインクロークを作り広々とした玄関にしました。日本アクアの吹き付け断熱、YKK APのAPW310を使用しました。
参考価格:2,500万円~(36坪)

『ブルックリン×カリフォルニア』〜外観編〜

ブルックリン×カリフォルニア外観1
写真がたくさんありますので、
今回は外観写真を載せます!


外観はシンプルで、
ヤシの木がシンボルツリーです。
天然芝は人工芝と違い、
色合いが自然で写真映えします。
ブルックリン×カリフォルニア外観2
天然芝は植える時期や
芝刈りなどの手入れをしなくてはらないので、
非常に手間がかかりますが、
天然ならではの味わいと手触りです。


小まめに水やりを行ったり、
芝刈り機で手入れをされていて、
いつ行っても芝が綺麗になっています。


ご主人がとても愛着が湧いていいて、
大切に育てています!
ブルックリン×カリフォルニア外観3
外壁は奥様のご希望の白い塗り壁と言うことで、
アイカ工業のジョリパットで左官仕上げにしました。
何回も何回もパターンや色の打ち合わせをして、
職人さんがコテで一生懸命塗りました。


サイディングと違い、コテでて塗りなので
部分部分で模様の出かたが違い、
世界に一つだけの外壁になります。
職人魂とて塗りの暖かさを感じます。
ブルックリン×カリフォルニア外観4
玄関ドアはYKKの断熱ドアです。
カードキータイプなので、
カードをかざすと施錠ができます。
雨の中荷物を抱えながらでも、
簡単にドアの鍵を開けられます。

もしカードキーを失くしてしまったら、
再設定する事により、失くしてしまったカードでは
ドアを開ける事ができなくなるので
防犯性にも優れています。


万が一停電の時もドアの取っ手部分のカバーを
外すと鍵で開け閉めできます。


サッシもYKK製品で
APW310シリーズを使用しました。
外側はアルミで耐久性を確保し、
内側は樹脂でできている為、
とても熱伝導率が低いです。


もっと品質が良い商品もありますが、
コスパの面で非常に優れているので、
この商品にしました。


家の断熱性能は開口部(サッシ)からの
熱損失が一番大きいのででサッシにも拘っています。
ブルックリン×カリフォルニア外観5
夕暮れじにはこんな感じになります。
家の中の灯りでとても良い雰囲気です!


外観写真では見えないですが、
断熱材は弊社標準の日本アクアの
吹き付け断熱です。


気密性、断熱性に優れ、
真夏や真冬でも家の中は
快適な温度に保ってくれます。

『素材に拘ったアメリカンデザインハウス』〜内観編〜

素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観1
キッチンはウッドワンの製品になります。
濃いネイビーの色は新色になります。
取手部分はオプションでアンティークゴールドに変更しています。
キッチンの正面の壁は3種類のサブウェイタイルを組み合わせ、目地なしの突きつけ貼りなので、目地が汚れる心配がありません。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観2
ダイニングには上海レンガでヴィンテージ感を演出しました。
目地なしにする事により、デコボコとした雰囲気が良い感じです。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観3
寝室はちょっとテイストを変えて、カリフォルニアテイストで、ロンハーマンのショップをイメージしました。
杉の羽目板をアメリカン塗料で塗装して、その後にヤスリで削り出し、ヴィンテージテイストにしました。
このアメリカン塗料は日本の塗料メーカーにはない色なので、アメリカンテイストには必須です。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観4
ウォークインクローゼットです。
こちらはOSBパネルを壁と天井に貼りました。
正面のドアは既製品のドアをヴィンテージブルーに塗装しました。
この塗装したドアは、アメリカンデザイン好きにおすすめです。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観5
TOTOの洗面化粧台ドレーナになります。
ヘキサゴンタイルをアクセント貼りしました。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観6
こちらもTOTOのユニットバス、シンラです。
大理石調の壁パネルと、調光、調色のダウンライトが高級感を演出してくれます。
浴槽の肩からもお湯が出る仕様と、腰んジェットバスが至福のバスタイムになります。
素材に拘ったアメリカンデザインハウス内観7
TOTOのネオレストAHです。
便座のオート開閉や、除菌水など様々な機能があり、お手入れが楽でおすすめです。
腰下は杉の羽目板を塗装して、中段はヘキサゴンタイル、上部は塗壁です。
モッロコ風のデザインにしました。

アメリカンデザインは弊社に是非お任せ下さい。

ブルックリン×カリフォルニア番外編1
カメラマンに撮ってもらった写真データを
アルバム作成してお施主さまにプレゼントしました。
このアルバムは私が編集して作りました!


中身をお見せしたいところですが、
こちらのアルバムは弊社に来店頂いた方だけに
お見せします。


お施主さまより手元に届いて
素敵なメッセージを頂きました!
ブルックリン×カリフォルニア番外編2
こんな素敵なメッセージを頂きとても感謝です☺️
家づくりを通してお施主さま家族に感謝して頂けて、
この仕事に携わっていて本当によかったと思う瞬間でした。


注文住宅なので色々決める事がたくさんあり、
苦労と決断の積み重ねで、完成するまで長い道のりですが、
世界にたったひとつのマイホームが完成ができた時には、
それ以上の嬉しさや喜びがあります!


これからも家づくりを通して、
感動を与えられるように日々勉強と努力をして、
幸せな家族を増やしていきたいです。

『ブルックリン×カリフォルニア』〜半年点検編〜

ブルックリン×カリフォルニア半年点検編1
先週末に弊社で建てて頂いた、
K様邸にお邪魔しました。


お引き渡しから約半年だったので、
半年点検を行いました。


建具やサッシの調整は問題なし。
クロスの継ぎ目が少し薄っすらと出ていたので、
補修をしました。


引っ越しの時に出来てしまった、
クロスの破れや子どもが傷つけてしまった所も
ついでに無料で直しました。


天然木のナラ材のフローリングは、
施工当初より若干色のトーンが変わって
大きく反ったりワレもなく
いい味が出てきてました。
ブルックリン×カリフォルニア半年点検編2
点検後はお施主様ご家族と私達夫婦で、
BBQをしました。


立派なヤシの木に天然芝、真っ白な左官塗りの家で
まるで海外にいるかのようなシュチュエーションは、
よりお肉やビールが進みました。


庭でヤシの木を眺めながら、
BBQは最高です。
ついついお酒が進み遅くまでお邪魔してしまいました。
ブルックリン×カリフォルニア半年点検編3
陽がくれるとこんな感じに!
ヤシの木の影が家の外壁に写って最高です。

施工写真が解禁となったので、
近日アップロードしますね。